世田谷より看護師が物申させて頂きます

私は世田谷にある病院で看護師として入院病床のある小さな病院に勤務しています。リハビリに関わることが多いのですが、外来患者様や入院患者様の中に程度は様々ですが腰痛を訴える患者様は多くみえられます。そんな腰痛を持った患者様からお話を聞く中で、「腰が痛くて総合病院に行ったら手術を勧められて、実際手術したけど腰の痛みが変わらない。」といったお話を多数聞かれます。

確かに腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症といった腰部疾患があり手術適応となることは理解できます。それで腰痛の症状が軽減、消失するなら文句はないのでしょう。しかし手術したのに症状が変わらない。そのことを医師に伝えても「手術は成功しています。あとは薬で様子を見ましょう」と痛み止めの薬をもらうだけ。おかしくないですか?だったら手術せずに最初から痛み止めの薬で良かったのではないでしょうか。もしくは手術前に患者様の腰痛の原因しっかり特定し手術が必要なのかどうかを確認するべきなのではないでしょうか。患者様にとって痛みがなくならなければ手術は無駄であると私は思います。

ただ一概に手術を選択することが悪いとは言いません。もちろん手術によって良くなる方もいらっしゃいます。逆を言えば患者様にも問題がとも言えます。「手術をしたから元通りの生活をしていい」といった考えは甘いと思います。今まで腰痛を生じるような生活をしていたから腰痛を引き起こす整形疾患を抱えることになったのです。手術の上にあぐらをかいて医師のせいにするのは間違いです。

手術をしたのであれば理学療法士や柔道整復師といったリハビリ専門の先生に接する機会が多くなるはずです。医師だけでなくリハビリの方々に「自分でできること」「注意すること」「やってはいけないこと」など自分の体のことについて興味を持って相談してアドバイスをもらい実践しましょう。それを実践していくことで手術の効果も現れ腰痛とサヨナラできることにつながると考えます。

腰痛でお悩みの方は医師やリハビリの先生のご意見も聞いてみることで手術を避ける道もあるのではないでしょうか。手術が万能ではないことを強く伝えたいです。ちなみに私はシングルマザーの看護師です。子育てしながら仕事もするのは大変ですが、よい職場に巡り合えたので何とか頑張っています。【看護師 求人 世田谷区】これからも両立を目指して頑張っていきたいと思っています。

秋田の名医に救われた息子

三年前、当時私は主人と同棲していた頃に総合病院に通っていました。
生理不順で周期が安定していなかった為、初めての彼氏でもあった主人との将来の子供を授かりやすくなるために漢方をもらっていた私。漢方は粉末でとても苦く、それでも生理不順を治したくて飲み続けていました。

ある日、生理がまだ来ない事と胸が張って痛いなどの症状を伝えるついでに二回目の漢方をもらいに主人と病院に行きます。予約をしていなかった為、少し待ちましたが看護師さんに呼ばれ診察室に私だけ入りました。主治医の先生に基礎体温をつけた表を見せ、まだ生理が来ていない事と胸が張って痛いなどを伝えます。すると、「生理不順は排卵の時期が分からないから妊娠しずらい事もあります。でも一応検査薬試して見ますか?」と主治医は淡々と言います。

私は、妊娠しずらいかもと言う言葉にショックを受けつつ、検査薬する事に同意し一旦診察室を出ました。ソファーに座る主人に言われた事を伝えていると、看護師さんに尿を取るように言われトイレに行って早々に済ませました。呼ばれるまでソファーに座って主人と待っていましたが、すぐに呼ばれて診察室に私だけ入ります。
診察室に入って座った瞬間、先生が一言。「妊娠してますね。」私は、この時びっくりし過ぎたと同時に嬉しさで一杯でした。

検査薬を見てみると、2本の線があり夢じゃないんだと感動しました。先生には、1週間後に来るようにと言われ私はソファーで待つ主人に妊娠の事を伝えます。主人もすごく喜んでたのを今でも鮮明に覚えています。しかし4日後、下腹部辺りに少し痛みます。不安になった私は主人と病院に行きました。その時、主治医の先生は休みで変わりに若い女医の先生にあたりました。内診をしている最中生理不順の事も伝えると、「生理不順でも排卵は絶対生理終わって大体二週間後にある。この時期に胆嚢がないのはおかしい。」と言ってきます。

内診を終え、不安になる私と診察室に後から入ってきた主人とで女医の説明を受けます。
「子宮外妊娠の可能性が高い、この場合は破裂の場合もあるので中絶という形で一旦子宮の中を綺麗にする必要がある。」と言います。大泣きする私に落ち込む主人。でも当時住んでいた場所は地元ではないので、何かあった時に頼れる人は近くにはいなかったです。それでもともと里帰り出産を希望していたので、手術を受けるのなら実家近くの病院が良いと思い、急遽紹介状を書いてもらい急いで実家のある秋田に帰省しました。落ち込む私に診察日が近づくのが怖かったです。しかし、地元の病院の先生には「まだそこまで判断するのは早い」と言われ二週間後に来てと言われ待ちました。

運命の二週間後、何故か無事に心拍が確認され正常妊娠となりました。どうやら生理不順のため排卵が遅く心拍が確認されるのも遅かったようです。もしあの時、帰省していなかったと思うと怖かったです。今ではやんちゃな息子になり、妹とよく喧嘩しています。

当時住んでいたのは東京だったので、地元の秋田よりも東京の方が医療もすすんでいると思っていましたが、実際は秋田の産婦人科医の方が名医だったということかもしれませんね。私の姉は秋田で看護師をしているので、私の体験をなぜか周りの看護師に自慢しているそうです(苦笑)田舎でも、名医はいるのよって。【看護師 求人 秋田

CRCに転職した姉が誇りです

4日位前にテレビを見ていたらびっくりしたんですけど、
風邪に、マスクはそこまで有効じゃないとのこと。
確かに私は毎年、冬場はマスクを二重にするくらい(笑)完璧に防備していますが、
必ず風邪をひいてしまいます。
もちろん、手洗いとうがいも完璧なまでにやってますよ!
アルコール除菌ペーパーも常に持ち歩いていますし!
家の空気清浄機もものすごく高い良いものを使っていますし、加湿器だっていつもきれいにして使っています!
でも、それでも風邪をひくんです。

少し話が逸れますが、CRCという職業を皆さんご存知ですか?
調剤薬局等での薬剤師ではなく、治験コーディネーターのお仕事をされている薬剤師のことです。
何を隠そう、私の姉が現在CRCとして、新薬の臨床試験に携わっているのです!カッコいいですよね♪実際、カッコいいんです。ホントに(笑)
そんな姉は、【crc 薬剤師 求人】コチラを参考に、とってもやりがいのある職に就いたそうです。
この時期のイヤ~な風邪やインフルエンザも一瞬で治るような、そんな新薬の開発が進むことを祈っています・・・(笑)

で、 話を戻しますが、そのテレビでは、(本当にマスクが必要なら、生まれつきマスクをして生まれてきているはずだ!)
などと言うではありませんか!

まぁこの先生が少し飛躍しすぎかもしれませんが、マスクを完璧にしているというのに、風邪をひいてしまうので、しばしばこのテレビに聞き入っていたら、
病院の先生たちは、なぜ病人をたくさん毎日相手にしているというのに風邪をひかないのか!
という、私にとって1番知りたいことを、お話ししていました!(どうして?と姉にも聞きましたが分かりませんでした)

本当に、前々から不思議で仕方がなかったんですよね-……。

で、その先生たちがお話ししていた内容というのが、
《水やお茶を、15分に1度ちょこちょこ飲んでいると、口の中に入ったウィルスが胃腸に入って、胃の中にある酸が、ウィルスを殺してくれる》というものです!

なるほど、確かに病院の先生の机には、ペットボトルが置いてあります!
そういうことだったのかー。と思わず納得してしまいました。

と言うことで、その日以来私は、マスクに執念を燃やすのをやめて、マイボトルに入れたお茶を、頻繁に飲むように変わりました。

これがうまくいってくれると良いのですが。。。

ちなみに息子にも話して、あんたも学校でマスクをするんじゃなくてお茶を頻繁に飲みなさいと忠告したら、
(授業中は飲めないもの・・・)と、返されてしまいました。
確かにそうだ!
学校からは、インフルエンザの流行る時期には、必ずマスクをさせてください!と言われるのですが
15分に1度の、お茶タイムを設けた方が良いような気がします。

入院は個室じゃないとやっぱり無理だ!

入院 個室
さっき昨年の手帳を読み返していたら、昨年の夏ごろから何も書いていない。。。
そうなんです。ちょうどこの頃、大病して、手術から、治療のため、 1ヵ月以上入院していたのです。

最初はICUにいて、その後は3人部屋!
実は私、大部屋が大の苦手。以前、病気で入院した時も、気を使いすぎてしまい疲れて、夜は全く眠れませんでした。
だから入院は、個室よりも大部屋の方が安心するねー!などと言う方に憧れもありますし、おおらかなその性格を羨ましく感じます。

でも、真似しようにも出来ません。だって私はそういう性格では無いのですから…、
しかし今回はどうにもならない3人部屋です。 ICUに長くいるわけにもいかず個室が開くのを待っていられません。

3人部屋に入った瞬間に、 1番偉い看護師さんらしき人に、『個室が空いたら必ず入れてください!』と懇願しました。

さて、3人部屋ですが、残りの2人の方はおばあさんたち。
なのでご主人も退職されているということで、お見舞いにしょっちゅういらっしゃっています。
私自身は体が痛くて痛くて仕方がないので、話しかけるなどということをしなかったのですが、同部屋の、おばあさまのお一人が、お見舞いに来たおじいさんに、(前に入院した時は同じ部屋の人たちが仲良しだったからよかったけど、今回はだめだよ)と小声で話していたのが、聞こえてきてしまい、かなりショックを受けました(笑)
ごめん!おばあちゃん。こんな私で、、、期待に答えられず。。。。なんて結構真剣に落ち込みましたよ。(笑)

で、そんなこんなで、落ち込んだり、体を痛がったりしているうちに、個室が空いた知らせが入りました。
本当にうれしかったです。

その個室がお金を払えるか不安になるくらいかなり大きくて・・・。
しかし、保険で何とかなるだろうと、病院内でお引っ越し。ここからが本当に快適な日々でした。(体が痛い以外)

こんなときに、保険を解約しようか迷って、両親に反対され、解約しなかったことにとことん感謝しました。
本当に、たまに親っていいこと言いますよね。感謝です。

個室に移ってからは、大好きなCDを聴き、安心してテレビを見て、消灯時間も緩くなり、自分のペースを少し保ちながら生活ができ、ストレスが減りました。
やっぱり私は個室しか無理だなー。